• よくあるご質問

よくあるご質問 ※クリックすると、回答が表示されます。

日奈久地区

歴史と文化
  • 日奈久温泉の歴史について
    • 応永16年(1409)に浜田六郎左衛門が、父親の刀傷を癒すため神に祈ったところ温泉が湧き出たと伝えられています。
      江戸時代には、薩摩街道沿いの島津公の参勤往復の途上の憩いの湯として愛用され、細川藩は藩営の温泉場を設け、文化・文政の頃の全国温泉番付では、前頭9枚目にランクされました。
      「孝行の湯」として有名で、平成21年(2009)には開湯600年を迎えました。
PAGE TOP