八代市立博物館未来の森ミュージアム

  • 八代
  • 博物館・美術館
  • アクセス数:485
  • 八代市立博物館未来の森ミュージアム

    八代市立博物館未来の森ミュージアム

  • 最上階は収蔵庫となっている。

    最上階は収蔵庫となっている。

 1991年(平成3年)10月開館。くまもとアートポリス参加作品。設計したのは世界的建築家伊東豊雄氏(米プリッカー賞受賞者、新国立競技場B案デザイン)。八代城主を勤めた松井家伝来品の常設展示や、八代焼(高田焼)や肥後鐔、宮地和紙、染韋(そめかわ)などの美術工芸品、古墳や城跡からの出土品、妙見祭資料、八代城跡模型、各時代の歴史資料など、過去から現代に至る八代の歴史と文化をさまざまな角度から紹介している。古文書講座や各種体験講座の開催、市民の作品発表の場としても利用されています。

博物館友の会に入会すると、会員期間中は会員証の提示により何度でも入館できます。
年会費(1年会員)2000円、(3年会員)5000円
入会は博物館受付で随時受付中

住所 866-0863熊本県八代市西松江城町12-35
料金 大人 300円(240円)
高大生 200円(160円) 
※(  )は20名以上の団体料金
※中学生以下の入館は無料です
※特別展開催時はその都度定めます
営業時間 9:00~17:00 (入館は16:30まで)
休み 月曜日(祝日の場合翌日)
年末年始 (12月29日~1月3日)その他臨時休館あり
ホームページ http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/
お問い合わせ 電話:0965-34-5555
FAX:0965-33-9200
メールアドレス:museum@city.yatsushiro.lg.jp
駐車場 博物館南側(乗用車50台、大型バス4台収容)、警察署との間にある通りをご利用ください。
(裁判所との間の通りは北側からは進入禁止)。
アクセス ■最寄の公共交通機関
JR鹿児島本線・肥薩おれんじ鉄道八代駅・・・博物館まで約3km
九州新幹線新八代駅・・・約7km。
新幹線新八代駅からタクシーで約1440円(約15分)

■バスご利用の方は
『検察庁・法務局・市博物館前』(博物館目の前)
『北荒神町福祉センター前』(徒歩2分)
『八代市役所前』(徒歩5分)
いずれかのバス停で下車してください。
新八代駅西口からのバス案内(「みなバス」左回りにご乗車ください。)
八代駅からのバス案内(「ゆめバス」左回りにご乗車ください。)

■お車ご利用の方は
九州自動車道八代インターより約6km、八代インターからすぐ右折して八代港線に入り、田中西町(たなかにしまち)交差点で左折(42号線へ)して南下。つきあたりのT字路を右折して、博物館と警察署の間の通りを左折すると駐車場に入れます。
時期・見頃 通年
  • 二次元バーコード
  • ピクトグラム
    • 障害者優先駐車場あり
    • 施設内の通路幅が80cm以上
    • 車椅子用スロープあり
    • 喫茶軽食施設あり
    • 授乳室やおむつ交換台がある
    • 禁煙
    • 車椅子の貸出あり
    • 車椅子用トイレあり
    • 多目的トイレあり
    • 2階以上がある施設で車椅子対応エレベータあり
    ピクトグラムについて

地図

周辺検索

  • 歴史・文化
  • 自然
  • 感動体験・産業観光
  • スポーツ・レジャー
  • 宿泊施設
  • グルメ
  • 祭り・イベント
  • 温泉
  • 食・物産館・工芸館
  • コンベンション施設

口コミ掲示板

データが見つかりません

このページを見ている人は、このページも見ています

八代城跡
八代城跡  八代城は、元和5年(1619)の地震により、麦島城が崩壊したため、熊本城主加藤忠広(清正の子)が幕府の許可を得て、家老の...
国名勝「松浜軒」
国名勝「松浜軒」  元禄元年(1688年)八代城主松井直之公が母崇芳院尼のために建てたお茶屋です。 当時この辺りには松が茂り、八代海を見渡...
PAGE TOP